特別講義

連携推進教授やNEXCO西日本から有識者を招聘し、高速道路の建設・維持管理、今後の動向等についての講演を行います。学生に業界の現状を知ってもらい、学んでもらう、そして、自分の将来を考えてもらうことを目的に開催しています。

平成28年度

平成28年度は、九州大学の学部生を対象に、NEXCO西日本 九州支社 総務企画部 企画調整課長 野田主馬氏に下記演題で1222日にご講義いただきました。

高速道路会社の仕事とキャリアパス

本講議では、高速道路の最近の話題やNEXCO西日本で働く様子について時事を交えながらお話いただきました。

高速道路の最近の話題では、平成28年熊本地震による高速道路の被災状況および復旧状況の紹介、老朽化した鉄筋コンクリート床版の取り換えなど「高速道路リニューアルプロジェクト」の説明、平成284月に北九州市から宮崎市まで1本の高速道路で繋がった東九州道の整備効果などお話いただきました。

最後に、NEXCO西日本で働く社員について写真等によって紹介があり、高速道路の機能・サービスを間断なく提供する使命についてお話をいただきました。これから就職活動を迎える学生たちにとって、参考になったものと思われます。

 

平成27年度

平成27年度は、NEXCO西日本 九州支社 保全サービス事業部長 福永靖雄氏にご講演いただきました。

日本の物流を支える高速道路 ~道路を支える技術~

全国の高速道路は、名神高速道路が今年で全通50年を迎えたのを代表に、年々経過年数が増加してきており、高速道路の経年劣化に関するリスクの高まりが懸念されてきています。

また、高速道路は、日本の道路、鉄道のわずか1%に過ぎませんが、国内陸上貨物輸送量(トンキロ)における高速道路の比率は、約50%であり国内輸送の大動脈となっています。
高速道路の機能を維持し守るためには、土木全般や他分野の技術が使われていることを紹介し、「土木技術者として必要なこと」をお話します。

0102

PAGE TOP